日産ギャラリーフォトギャラリー別館

アクセスカウンタ

zoom RSS GT300の展示車。モータースポーツジャパン2008 フェスティバル イン お台場

<<   作成日時 : 2008/12/24 21:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2008年10月4日・5日、東京・台場に設けられた特設会場で「モータースポーツジャパン2008 フェスティバル イン お台場」が開催された。
たくさんの展示車の中から、日産以外のメーカーの展示車を当ブログでは紹介する。
日産車は「日産ギャラリーフォトギャラリー」に掲載している。

ORC雨宮SGC-7(2008年/SUPER GT GT300クラス/マツダ)
2006年のスーパーGT GT300クラスを制したRE雨宮が再びチャンピオンを狙うマシン。唯一のロータリーエンジン車で、その人気はいつでも絶大なもの。
全長:4,285mm
全幅:1,860mm
ホイールベース:2,425mm
トレッド(前/後):1,600mm/1,580mm
車重:1,100kg
エンジン型式:20B
総排気量:654cc×3
最高出力:310ps/8,000rpm
最大トルク:33.0kgm/6,500rpm
画像


ARTA Garaiya(2008年/SUPER GT GT300クラス)
コンビ歴10年を迎えた新田守男/高木真一が駆る、オートバックスのオリジナルレースカー。GT300でシリーズチャンピオン争いを繰り広げている。
エンジンは、日産製VQ35DE型。
全長:4,544mm
全幅:1,935mm
ホイールベース:2,705mm
トレッド(前/後):1,555mm/1,585mm
車重:1,175kg
エンジン型式:VQ35DE
総排気量:3,497cc
最高出力:300ps以上/7,000rpm
最大トルク:40.0kgm/6,000rpm
画像


クスコDUNLOPスバルインプレッサ(2008年/SUPER GT GT300クラス/スバル)
AWD(全輪駆動)のインプレッサはキャロッセとクスコの開発により、強力な走行性能を誇る。ドライバーは山野哲也/佐々木孝太。
全長:4,465mm
全幅:1,840mm
ホイールベース:2,540mm
トレッド(前/後):1,530mm/1,530mm
車重:1,100kg
エンジン型式:EJ20
最高出力:300ps以上
最大トルク:40.0kgm
画像


ユンケルパワータイサンポルシェ(2008年/SUPER GT GT300クラス/ポルシェ)
プライベーターの雄、チームタイサンwith西澤が使い慣れたポルシェで参戦。ドライバーは谷口信輝/山路慎一というゴールデンコンビ。
全長:4,433mm
全幅:1,865mm
ホイールベース:2,350mm
車重:1,150kg
エンジン型式:M96
総排気量:3,598cc
最高出力:350ps/7,600rpm
最大トルク:32.0kgm/4,500rpm
画像


EBBRO UEMATSU 320R (2008年/SUPER GT GT300クラス)
チームウエマツがノバエンジニアリングとのコラボレーションで参戦しているヴィーマックは、ホンダNSX用のC32B型エンジンを搭載。ドライブは坂口良平/松下昌揮の2人に託された。
全長:4,467mm
全幅:1,825mm
ホイールベース:2,620mm
トレッド(前/後):1,845mm/1,825mm
車重:1,150kg
エンジン型式:C32B
総排気量:3,422cc
最高出力:300ps
最大トルク:400Nm
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文


GT300の展示車。モータースポーツジャパン2008 フェスティバル イン お台場 日産ギャラリーフォトギャラリー別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる