日産ギャラリーフォトギャラリー別館

アクセスカウンタ

zoom RSS ツーリングカーのコーナー。モータースポーツジャパン2008 フェスティバル イン お台場

<<   作成日時 : 2008/12/20 08:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2008年10月4日・5日、東京・台場に設けられた特設会場で「モータースポーツジャパン2008 フェスティバル イン お台場」が開催された。
たくさんの展示車の中から、日産以外のメーカーの展示車を当ブログでは紹介する。
日産車は「日産ギャラリーフォトギャラリー」に掲載している。

今回は、ツーリングカー展示コーナーの展示車を紹介する。

トヨタ スターレット KP47(1973年/マイナーツーリングカーレース/トヨタ)
トヨタが1970年代の国内ツーリングカーレース向けに投入したのがKP47。ワークスのプリペアによるエンジンは強力で、数々のレースで活躍。
画像


ヤマトシビック(1984年/マイナーツーリングレース/ホンダ)
ホンダが初代シビック(1972-1978年)をベースとしてツーリングカーレースに投入したFFマシン。1983年は富士GCマイナーツーリングでチャンピオン。
画像

車重:600kg
エンジン型式:水冷4サイクル直列4気筒OHC2バルブ ベルト駆動
総排気量:1,298cc
最高出力:150ps/7,800rpm
画像


スタリオンターボ グループA(1987年/全日本ツーリングカー選手権/三菱)
1985年11月、富士スピードウェイで開催の全日本ツーリングカー選手権インターTECでデビュー。
1986年から同選手権にフル参戦し、デビュー4年目で初優勝を飾るなど、1988年に撤退するまでに3度総合優勝した。
全長:4,400mm
全幅:1,695mm
全高:1,270mm
ホイールベース:2,450mm
総排気量:1,977cc
最高出力:265ps
画像


ESSO TOM’S チェイサー(1998年/全日本ツーリングカー選手権/トヨタ)
1997年シーズンから投入され、1998年にチャンピオンを獲得したワークスマシン。5年に及んだ全日本ツーリングカー選手権(JTCC)最後のチャンピオンカー。
画像


Castrol無限ACCORD(1997年/全日本ツーリングカー選手権/ホンダ)
190psを発生するDOHC VTECエンジンを搭載した5代目アコードSiRをベースにしたマシン。1996年、中子修選手が2位を獲得。
車重:975kg以上
エンジン型式:水冷4サイクル直列4気筒横置DOHC4バルブ ベルト駆動
総排気量:1,995cc
最高出力:310ps以上/8,500rpm
最大トルク:27.0kgm以上/8000rpm
画像


BMW320si WTCC仕様(2007年/世界ツーリングカー選手権/BMW)
WTCC(世界ツーリングカー選手権)にBMWワークスとして参戦しているマシンの2007年仕様。2号車はヨルグ・ミューラーが駆る。
全長:4,535mm
全幅:1,845mm
エンジン型式:直列4気筒
総排気量:1,999cc
最高出力:275ps/8,300rpm
最大トルク:242Nm/7,250rpm
画像


スバル インプレッサ WRX STI NBR仕様車(2008年/ニュルブルクリンク24時間レース参戦車/スバル)
ノーマルの素性を生かす、ほぼS耐仕様に近い改造で24時間耐久レースに臨んだマシン。総合57位、SP6クラスでは5位入賞。
全長:4,415mm
全幅:1,795mm
ホイールベース:2,625mm
エンジン型式:EJ20型水平対向4気筒DOHC16バルブ+IHI製ターボチャージャー
インタークーラー:空冷式
総排気量:1,994cc
最高出力:300ps
最大トルク:400Nm
タイヤ:ダンロップ
オイル:モチュール
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文


ツーリングカーのコーナー。モータースポーツジャパン2008 フェスティバル イン お台場 日産ギャラリーフォトギャラリー別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる